MENU
ちゃんぷるー
人生諦めない40代
197X年生まれの元・借金まみれです。400万円の借金からは無事に解放されましたが、今度は住宅ローンを抱え、月3万円のお小遣い生活を強いられています。もっと豊かな生活を送りたい、自由で明るい未来を手に入れるため、40代で遅めのスタートになりましたが、15年ぶりにアフィリエイトを再開します。テーマはSWELLを使用中。
このブログはSWELLを愛用しています
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
WordPressの有料テーマはSWELL以外考えられません!

BARBEE BOYSの名曲7選!30年経ってもカッコ良すぎるぜ!

2019年9月8日、BARBEE BOYS(バービーボーイズ)が29年振りとなる新曲「PlanBee」を2019年12月18日にリリースすることが発表されました。

PlanBeeは5曲入りのミニアルバムとなりますが、新曲を29年間待ち望んできたファンにとっては、十分すぎるクリスマスプレゼントとなりました。

さらにリードトラックとして、「無敵のヴァレリー」が配信されています。

この一連のBARBEE BOYSに関するニュース、若い人にはピンと来ないでしょうが、40代の僕にとってはそれはもう大事件です。

1982年の結成から1992年の解散まで、日本のロック界を牽引していたBARBEE BOYS界隈が、ここ近年騒がしくなっているのは嬉しい限りです。

僕の青春の1ページに刻まれているBARBEE BOYSのカッコ良さを、現代の若者に伝えるべく記事を書きます。

目次

BARBEE BOYSとはこんなにイカしたバンド

BARBEE BOYSはKONTA(近藤敦)、杏子、いまみちともたか(イマサ)、ENRIQUE(エンリケ)、小沼俊昭(コイソ)の5人で編成するバンドです。

その最大の特徴は、KONTAと杏子の男女混声ツインボーカルと言っても過言ではありません。

そこに昭和最高のメロディーメーカーいまみちともたかが繰り出す音楽と、ENRIQUEと小沼俊昭の抜群に安定したリズム隊が支えています。

BARBEE BOYSのここがカッコいい!

KONTAと杏子の男女混声ツインボーカル

KONTAと杏子のツインボーカルですが、日本の歌謡界を見渡してもなかなかいません。

二人ともハスキーボイスの持ち主で、魂を絞り出すように歌う様子はマジでカッコいい!

近年ではこの2人をオマージュした、レイザーラモンRGと椿鬼奴のツインボーカルの方が、若い人とっては知名度があるかもしれませんね。

見た目からしてイケイケでセクシーな2人が、男女の恋愛(というか恋愛のもつれ)をテーマとした掛け合いを、まるでセリフを話すかのように歌い合うスタイルです。

KONTAのソプラノサックスがめちゃくちゃカッコいい!

KONTAはボーカルの他に、ソプラノサックスの名手でもあります。

曲の多くはイマサのギターイントロにKONTAのサックスが絡んで始まるのですが、これがしびれるほどにカッコいいのです。

僕は小学生の時、ミュージックステーションで演奏するBARBEE BOYSを見てファンになったのですが、KONTAのようになりたくてソプラノサックスを親にねだったことがあるほどです。

踊り狂う杏子がセクシー!

今ではすっかりきれいなお姉さん(美熟女?)というイメージの杏子ですが、BARBEE BOYS時代はキレイとカワイイの両面を持ち合わせていました。

ライブを見てもらうと分かるのですが、ステージ上ではとにかく激しく踊り狂うのです。

長い髪を振り乱し、ロングスカートが全て捲れあがってパンティが見えるほどに、目が回らないか心配するほど全力で回転しています。

中高生に成長したころの僕は、杏子が理想の女性となるくらい魅了されました。

いまみちともたかの歌詞とメロディーがヤバすぎる!

いまみちともたか(イマサ)は、日本最強のソングライターでありメロディーメーカーだと断言します。

男女の付かず離れずの駆け引きが、その歌詞から情景がはっきり浮かぶほどです。

さらに泣きのメロディーが秀逸で、高校生で失恋した僕は「ナイーヴ」を聞きまくって泣きまくりました。

その反面、時には言葉のセレクトが想像の斜め上を行くこともあり、その代表が「ラサーラ」にあります。

きりこむ 言葉をよけて

まぜかえす よもやまの 噂ばなし

BARBEE BOYS「ラサーラ」より

よもやまの…僕はこの言葉をまだ、これまでの人生で使ったことがありません。

BARBEE BOYSのオススメ名曲7選

令和の時代に聴いても全く色褪せない、むしろ独創的でカッコいい!

そんなBAEBEE BOYSのオススメ名曲7選を、ランキング形式でお届けします。

当時の雰囲気、特にイケイケなKONTAと杏子を感じてほしくて、あえて古めの動画をチョイスしてみました。

曲の説明を簡単に入れようと思いましたが、そんなの不要なことに気付きました。

「つべこべ言わずに黙って聴けばいいんだぜ!」

こんなKONTAの叫び声が聞こえてきそうです。

7位:泣いたままでLISTEN TO ME

※事情により動画の掲載を中止しました

6位:なんだったんだ?7DAYS

※事情により動画の掲載を中止しました

5位:女ぎつね on the Run

※事情により動画の掲載を中止しました

4位:目を閉じておいでよ

※事情により動画の掲載を中止しました

おまけ:レイザーラモンRG&椿鬼奴の「目を閉じておいでよ」

※事情により動画の掲載を中止しました

3位:負けるもんか

※事情により動画の掲載を中止しました

2位:ごめんなさい

※事情により動画の掲載を中止しました

1位:ナイーブ

※事情により動画の掲載を中止しました

BAEBEE BOYSは絶対に映像で見るべき

YouTubeで過去のライブ映像が手軽に見られる時代になりましたが、やはりライブは全編通して見ることをおすすめします。

僕のおすすめは、1988年の東京ドームライブをHDリマスタリング収録した、ノーカット完全版のDVDです。

このDVDの見どころ
  • オープニングの「なんだったんだ?7DAYS」のKONTAの叫びが鳥肌もの
  • 「負けるもんか」を歌いながら少しずつ髪を解いていく杏子がそそる
  • アンコールにレア曲の「使い放題 tenderness」を演ってくれてる
  • ENRIQUEがサプライズで結婚発表してる
  • 小沼俊昭がドラム台を降りて前に出てくる
  • メンバーのフリートークがほんの少しだけ寒い
  • 時代なのか、「~だぜ」のセリフが多い

まとめ:BARBEE BOYSは全く色褪せない

この記事を書くために無理やり7曲を選んだわけですが、非常に難しかったです。

本当は皆さんにオススメしたいのだけど、YouTubeに動画があがっていない曲があったりして、そういうのは泣く泣くあきらめました。

BARBEE BOYSみたいなバンドが令和の時代にも出現してくれることを、心待ちにしています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

テーマ選びに迷うのはもう終わりです

目次
閉じる