40代サラリーマンでもブログで副収入発生中!

ウイルスバスターのWindows10 Ver.2004対応時期を調べました

Microsoftによると、日本時間の2020年5月28日に、Windows10 Ver.2004(May 2020 Update)の一般公開を開始したようです。

またこの時期がやってきてしまいました。

実はこのシリーズは3回目ですが、ウイルスバスターの対応がいつ完了するのか毎日モニタリングしたり、他のウイルス対策製品の情報を集めたりと、結構大変なのです。

過去のシリーズは以下のとおりです。

今でも結構なアクセスがあるので、世の中のWindowsユーザーはあまりWindowsのバージョンアップに積極的ではないのかもしれません。

目次

ウイルスバスターのWindows10 Ver.2004対応時期はいつ?

Windows10 Ver.2004の一般公開当日である2020年5月28日時点で、トレンドマイクロ製品の対応予定が公開されています。

僕の会社で導入している「ウイルスバスターコーポレートエディション」は、2020年7月~8月の対応予定とのことです。

その一方で、トレンドマイクロの主力製品である「Trend Micro Apex One SaaS」は、2020年6月の対応予定となっています。

対応予定に明らかな差をつけるあたり、いかにトレンドマイクロが「Trend Micro Apex One SaaS」の販売に力を入れていきたいのかが読み取れます。

僕の会社でも2020年中には「Trend Micro Apex One SaaS」に切替を予定していますが、今回のWindows10 Ver.2004はウイルスバスターコーポレートエディションで対応しなくてはいけません。

上記のリンクを日々確認しながら、対応完了を待ち望む日々が始まります。

2020年8月12日、トレンドマイクロの対応が完了しました(ビルド5684)

【解決済み】Windows10 Ver.2004の影響かもしれない事象

Windows10 Ver.2004を社内に展開して数日後、僕の部署に寄せられた事業をお伝えします。

事象発生のタイミング的から考えると、アップデートの影響と断言できそうですが…。

Windows10 Ver.2004の影響かもしれない事象
  • IE11でPDFが開かなくなった
  • Officeのライセンスに問題が発生しましたと表示される

解決したり更なる事象が判明した場合には追記しますね。

【追記】両方とも解決しました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

テーマ選びに迷うのはもう終わりです

目次
閉じる